乳がん・子宮がん・卵巣がん経験者の家計相談を開始

MICIN(マイシン)少額短期保険株式会社と協業し、乳がん・子宮がん・卵巣がんなどがん経験者専用の家計相談を始めることとなりました。

がんと共に生きる時代となり、がん経験者からの再発に備えながら今後の将来設計を考えたいというご相談のニーズは高まっているものの、治療経過や今後の身体の見通し、家計状況、社会保障、働き方、そして家族構成など複合的な相談内容となるため、相談先を見つけるのに苦労しているという声を多く聞いてきました。

今回、MICIN少額短期保険株式会社様との協業により、国内ではまだ珍しい患者支援を専門に取り組んでいるFPと今後の将来設計を一緒に考える機会がご提供できることで、がん経験者の皆さんの生き方を支援したいと考えています。

どのような相談ができるのか

がん治療の進歩による生存率の上昇はとても喜ばしいことですが、がん経験者特有の将来設計の悩みもあります。今まで当法人でがん経験者から聞かれてきた内容としては、以下のようなものがあります。

・休職中や復職、退職した場合にも安心して暮らしていくための制度やお金の情報が知りたい

・医療費とともに住宅ローンや教育費を支払っていく方法を知りたい

・再発に備えるために現在の家計を見直したい

・再発した時にお金がどれくらい必要か知りたい

・老後資金に不安がある

・夫婦でのお金の話し合い方に悩んでいる

がん治療中とはまた違った気になる点があるかと思います。

こういった内容に対し、患者家計サポート協会所属FP の中でも、実務経験や能力を協会が認定している FP がマンツーマンで担当します。

家計相談は誰が申し込めるのか

MICIN少額短期保険の保険の加入者対象の家計相談となります。

MICIN少額短期保険株式会社では、乳がん・子宮がん・卵巣がん経験者専用がん保険やがんの種類やステージに制約がない「がん経験者向け入院保障保険」が販売されています。

保険の加入者の皆さんには別途家計相談の詳細のお知らせが送られてきますので、ご希望の方はお申込みいただければと思います。

プレスリリースはこちらからご覧ください。

LINEからお知らせ発信しています♪

協会からのお知らせやがんカフェの日程などはLINEからも配信しています。
お気軽にご登録ください。